スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
<< 日本のクリスマスは山口から | main | 最近読んだ本 >>

久しぶりに池上解説を見たよ

11月24日に放映した
ここがポイント‼池上解説塾を見たよ。(´▽`)
http://www.tv-asahi.co.jp/ikegami/backnumber/0022/
世界の最新軍事力を徹底解説!



やっぱり文句が言いたくなったよ!(´▽`)


番組最後でいきなり入ったナレーション
「しかし戦争しないはずの日本。世界7位の防衛費は高すぎる?」



え、ここまでの解説聞いてたらそんな疑問湧かないと思うんだが

「攻められないための力なんですね」とか
名前分からないけど
若い女性タレントが言ってたべや。
「中国の脅威的な軍事力の増大」とかいう話題でここまでやってきて
そういう疑問湧く?


池上解説
これがまた難しいところで
日本にしてみれば攻められるかもしれないから国防費を増やして
これだけで守ることができるんだぞ、
これが抑止力になるんだ
って考えるんですけど
周辺の国にしてみると
自衛隊がこれからどんどん力をつけてくると
それを脅威と考えることもあるわけですね。
じゃあもっと増やしましょうっていう行動に出ることがあるわけですね。
そうすると日本にとってそれが脅威だってことになって
もっと増やしましょうってことになりかねないわけですね。

そこでお互いが
「そういうことは無いんだよ」と「あくまでそれに備えているんだよ」っていうことの
言ってみればお互いの信頼、あるいはそれぞれの組織同士が
常に連絡を取り合うっていう仕組みを作っていかなければいけない、
ですが今日本は周辺の国とうまくいっていないわけでしょ。
やっぱりそういう信頼関係を築くっていうことが
本当の意味での抑止力になるんだろうということですね。






周辺国ってどこの国だよ。

 
櫻井よし子「あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?」



日本に無暗矢鱈に対抗してくる国は確かにあるけど。
韓国の次期戦闘機 F15SE「不採用」の裏を読む

韓国は対日戦想定するより
休戦中の北とのことを考えた方が良いよ…





世界中が軍事費削減してる中で
中国だけ増額してるんですが…

そして軍事費は人件費込みが普通なんだけど
(日本は防衛費の半分くらい人件費のはず。)
中国は入ってないみたいなんですが。
そのうえで公表金額より実際はもっと高いらしいぞって言われてるんですが。
中国国防予算の推移

そりゃ軍隊同士のパイプラインはあった方が良いみたいだけどね。
でも信頼関係って問題だろうか。



「あくまでそれに備えてるんだよ」って
それ
って何だよ。

戦争って今経済だのなんだの
いろいろあるからそう簡単に起こらないけど
中国とは局地戦起きるか、いや起きないよな多分
でも小競り合いが続いている、って感じだから
抑止力が必要なんでしょうが。


って
やっぱりぶつぶつ言いたくなったのでした。


(追記)
「周辺の国」って部分を
台湾とかロシアとかフィリピンとかに置き換えてみると
意味がよく分からない文章になります。

(さらに追記)
ロシアはまあ…意味が分からなくもないか…
| 勉強させて頂いている諸外国 | 23:01 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 23:01 | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Links
Categories
Recent comment
■WJF■
WJF
■人権侵害救済法案反対!全国陳情プロジェクト■
人権侵害救済法案反対!全国陳情プロジェクト
■gremz■
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM